鉄筋腐食検査機 CANIN+SW(プロセク)

鉄筋腐食検査機 CANIN+SW

コンクリート中の鋼材の自然電位を計測、リアルタイムで表示
測定したい場所にあてるだけで簡単に自然電位の測定ができる最も単純な電極システムです

 底面および天井面が測定できるスポット電極、広い面積も素早く測定できるホイール電極を使い、コンクリート中の鉄筋(鋼材)の自然電位を計測できます。
測定値はグレースケールグラフとして表示装置に表示されます。測定により得られたデータは、評価ソフトウェアを使ってPCに転送・編集することも可能です。

機種名 鉄筋腐食検査機
型番 CANIN+SW
メーカー名 プロセク



  特長

●スポット電極で簡単測定

標準付属のスポット電極で、底面や天井面でも簡単に自然電位を測定できます。
測定場所の電位は、表示装置にリアルタイムで表示可能です。


スポット電極による測定風景
測定画面

●ホイール電極で広範囲測定

ホイール電極は、20m2を越える面積を測定する際におすすめです。
加湿ホイールと電極ホイールが一体化しているため、散水しながらの測定が可能。
ホイールは防水構造なので、濡れてしまっても安心です。

ホイール電極

●測定データの保存及びPC転送のソフトウェア付

Windows2000、 XP、VISTA上で動作する評価ソフトウェアProVistaにより、測定データをPCに転送・編集が可能です。ソフトは日本語に対応しています。
データの値を消去・変更、別々に測定されたデータを合成して1枚の完全な電位マップを作成、また電位マップに直接注釈を付けることも可能です。
すべてのグラフはビットマップファイルで保存できるほか、AutoCAD等のグラフソフトウェアにも転送できます。

鋼材

 鋼材の腐食状況の判定※1

の腐食状況の判定※1

CANIN+のスポット電極およびホイール電極は、ASTMC876-91やJSCE-E601-2000等の規格に掲載されている方法に従い、コンクリート中の鉄筋(鋼材)の自然電位を計測します。
これ等の電圧を計測するには、鉄筋を一部露出させ、ケーブルを接続する必要があります。

測定値は、グレースケールのグラフとして表示装置に表示されます。
データは評価ソフトウェアCANIN ProVistaを使ってPCに転送できます。



劣化度 自然電位(E)(mV vs C.S.E.) 鋼材の腐食しやすさ
- -
-350≧E
-250≧E>-350 やや大
-150≧E>-250 軽微
無し E>-150 なし

※1 「非破壊検査を用いたコンクリート構造物の健全度診断マニュアル」:土木研究所、日本構造物診断技術協会 2003.10より引用

PCソフ

  PCソフトウェア ProVista

トウェア ProVista

   
電位マップ

単一電位マップを90°回転したり鏡投影することにより、対象全面を完全なグラフとして表示するように複合できます。

合成ファイル
合成ファイル
相対周波数ダイアグラム

相対周波数ダイアグラム

累積周波数ダイアグラム

累積周波数ダイアグラム

※対応OS:Windows 2000、XP、Vista

仕様

 仕様

メモリー 235,000ポイント もしくは 71ファイル
インピーダンス 100MΩ
計測範囲 ±999mV
分解 1mV
表示装置 128×128mm画面:LCD(バックライト付)
電極 スポット電極は最大8個
ホイール電極も最大8個接続可能
接続 RS-232CまたはアダプタによりUSBへ
データ転送 ProVistaを仕様しPCへデータ転送
電池 単 3(6本)、60h(バックライト使用時:30h)
温度範囲 0℃から+60℃

構成品

  構成品

標準構成品 本体(携帯ストラップ付き)、スポット電極(スポンジ、キャップ、木栓付き)、電極用ケーブル(1.5m)、コードリール(25m)、ワニ口クリップ付きケーブル(1.0m)、ソフトウェア(CANIN Pro Vista/CD-R)、CANINPro Vista用取扱説明書、転送ケーブル(1.5m9ピン/RS-232C)、USBtoシリアルアダプター、USBケーブル、硫酸銅(250g)、クエン酸(250g)、ホイール電極(六角ネジ×2付き)、ホイール電極用ケース、ホイール用延長ロッド、ホイール用エンコーダー、六角ドライバー、マイナスドライバー、予備六角ネジ、予備スポンジ、予備スポット電極用キャップ、取扱説明書、キャリングケース