ハンディサーチ NJJ-200(日本無線)

ハンディサーチ NJJ-200(日本無線):鉄筋探査機:コンクリート構造物診断機

世界で初めてスマートフォンをディスプレイとして採用したRCレーダです。

NETIS登録番号:KT-150040-A

 コンクリート探査の常識を変える、3つの探査モード(ノーマルモード、ハンドレスモード、エクステンションモード)で探査時の作業効率アップ。
スマートフォンの通信機能を生かした、探査データの情報共有を実現します。

※    Android™ 4.0以上に対応、スマートフォン用アプリは製品に付属します
※    Android™はGoogle Inc. の商標または登録商標です

機種名 ハンディサーチ
型番 NJJ-200
メーカー名 日本無線

ハンディサーチ NJJ-200(日本無線):鉄筋探査機:コンクリート構造物診断機




  特長

●スマートフォンをディスプレイとして採用                                               

NJJ-200:ディスプレイ

本体とディスプレイ部を分離することで、従来では不可能だったさまざまな鉄筋探査や、スマートフォンの通信機能を生かした、探査データの情報共有を実現します。

※本体とディスプレイ部(スマートフォン)の通信は無線LANで行います。 

※Android™ 4.0 以上に対応、スマートフォン用アプリは製品に付属します 
※ Android™はGoogle Inc. の商標または登録商標です


●スマートフォン・タブレットの通信機能が利用可能                                           

探査結果を即時に転送

NJJ-200:スマートフォン通信機能

スマートフォンを使用しているため、探査データをメールで送付したり、クラウドサービスを利用し、即時に共有ができます。

※携帯電話回線を使用してデータ通信をご利用の際には、携帯電話事業者との契約が必要です。データ通信で発生する各種費用やクラウドサービス利用等で発生する各種費用は、お客様負担となります。


7インチタブレットでの通信も利用可能

NJJ-200:タブレットでの通信機能

スマートフォンと同じように7インチタブレットを使用し、探査結果を即時に転送し。共有することができます。

原子力発電所、工場など、計測環境によってカメラ付きのスマートフォンが使用できない現場でもタブレットを使用することで計測が可能です。


3つ

 3つの探査モード


エクステンションモード [NEW] ハンドルレスモード [NEW] ノーマルモード
NJJ-200:エクステンション探査モード NJJ-200:ハンドルレス探査モード NJJ-200:ノーマル探査モード
延長操作棒を取り付けることで、脚立を使うことなく高い位置の探査が可能になりました。また、腰をかがめずに床面の探査もできます。 ハンドルを取ることにより、これまで探査が不可能だった高さ制限がある場所でも、探査が可能になりました。 暗い環境での正確な探査をサポートする"ナビライト"を搭載。LEDによる、探査開始ガイドや"鉄筋検出アシスト機能"により、鉄筋探査が簡単になりました。

●エクステンションモード                                                       

延長操作棒を装着することで、天井や床面をスイスイ走査。これまで負担がかかっていた、脚立の上や腰をかがめての探査から解放されます。

NJJ-200:エクステンションモード

●ハンドルレスモード                                                         

NJJ-200:ハンドルレスモード

ハンドルの脱着で車高をさらに低く。従来機種で探査できなかった箇所も探査可能になります。

鉄筋探査の仕組み

●ノーマルモード                                                           

NJJ-200:ノーマルモード

暗い環境での正確な探査をサポートする“ナビライト” を搭載。LED による、探査開始ガイドや“鉄筋検出アシスト機能”により、鉄筋探査が簡単になりました。






新機能

 新機能

●LEDナビライト搭載                                                         

NJJ-200:ディスプレイ

探査開始位置にLEDを装備。暗がりでも正確に探査が可能です。


●鉄筋検出アシスト機能                                                        

NJJ-200:ディスプレイ

鉄筋位置をブザーとLED でお知らせ。初めての方でも鉄筋探査が容易になります。


●バックスクロール機能                                                        

NJJ-200:ディスプレイ

探査途中に気になった箇所に戻り、内部の様子を再確認できるため、精度の高い探査が可能になります。


・深度600mm までの目盛り表示(比誘電率「8.0」設定時)
従来機種では画面に入りきれなかった波形も表示可能です。
・マーカ最大297個まで対応
・ 1データ最大297個
・3グループに分けて管理可能(1グループのマーカ数は最大99個)
たとえば、1層目の鉄筋と2層目の鉄筋を分けて管理することができます。
・連続使用時間7時間以上
スマートフォン採用と装置の省電力化により、前機種よりも80%以上の省電力化を実現しました。
・非破壊探査レーダで最軽量の約1kgを実現
探査時における作業者への負担を軽減するため、前機種から約17%軽量化しました。
※2013年8月メーカー調べ
・四輪連動式車輪
探査面に起伏があっても、四輪の内1つでもタイヤが接地していれば探査が可能です。

初めての方でも簡

 初めての方でも簡単操作


1)NJJ-200 の電源をON に します。 2)アプリを起動し、センサーマーク が緑に変化したら準備完了。 3)NJJ-200 のスタートボタンを 押します。
4)探査開始 5)鉄筋位置にマークをつける
簡単・便利機能 探査データが欲しい時には
保存アイコンをタップ するだけで簡単保存。
1データにつき、最新 探査結果を最長15m 保存します。
鉄筋検出アシスト機能は、鉄筋位置を示すナビライトが点滅。
チョークガイドでらくらくマーキング。 パソコンへの転送はメールやUSB ケーブルで簡単に!

●距離制限なしでスムーズ探査                                                     

データは保存せずに鉄筋位置を長距離探査したい・・・という方に

NJJ-200:ディスプレイ

探査距離制限があった従来機種では、長距離探査の際に何度も保存を行う手間がありました。NJJ-200 はその手間を解消。
現場作業をスムーズにします。

ハンディサー

  ハンディサーチの原理

RCレーダとは?

非破壊検査手法の一つである電磁波レーダ法を用いた、非破壊探査装置です。
コンクリート構造物の非破壊探査に最適化されており、コンクリート構造物内の埋設物(鉄筋、鉄骨、配管)およびコンクリートの部材厚や空洞などを簡単に短時間で探査することができます。
RC=reinforced concrete(鉄筋コンクリート)

電磁波レーダ法による鉄筋探査の仕組み

鉄筋探査の仕組み

アンテナから電磁波をコンクリート表面に向けて送信すると、内部に浸透した電磁波はコンクリートと電気的性質が異なる鉄筋・空洞などから反射され、再びアンテナで受信されます。電磁波の反射によって反射物体までの深さ(距離)と水平位置を測定し、深さや位置を画像表示します。


  用途


  • ・コンクリートアンカー工事
  • ・コア抜工事
  • ・電機設備工事
  • ・空調設備工事
  • ・ガス工事分野
  • ・水道工事
  • ・コンクリート構造物改修工事
  • ・コンクリート建造物調査診断
  • ・コンクリート橋梁完成検査工事 など

探査画

 探査画像表示例

像表示例

コンクリートの断面を画像として表示するので探査対象に対して直角に交わる方向に走査をします。鉄筋断面が山形の画像に変わって表示されます。

標準・BAモード表示例 浅・Bモード表示例 深・BAモード表示例
標準 BAモード表示例
RC構造物床(カラー表示)
標準 Bモード表示例
RC構造物床(カラー表示)
深BAモード表示例
RC試供体(モノクロ表示)

●探査結果最長6m以上表示可能                                                     

横画面表示に切り替えることで、6m以上の探査結果を1画面表示できるので、探査結果が見やすくなりました。

横表示


  仕様


方式 電磁波レーダ方式
周波数帯域 600MHz~3400MHz(中心周波数:2000MHz)
探査対象物 鉄筋・埋設管(鉄管、塩ビ管、CD管等) ・空洞・ジャンカ 等
かぶり厚さ 5~300mm(コンクリートの比誘電率6.2、鉄筋径6mm以上で上場筋の場合)
かぶり厚分解能 浅モード:約1mm、深モード:約2mm
水平方向分解能 深度75mm未満にある探査対象物:75mm以上
深度75mm以上にある探査対象物:深度以上の間隔
※標準コンクリートでの実測値(深度:鉄筋のあき = 1 : 0.2以上 ) 
深度75mm 時に鉄筋間隔15mm 
深度175mm 時に鉄筋間隔40mm の鉄筋を判別可能
水平方向距離分解能 2.5mm
表示モード Bモード(垂直断面図)、BAモード(垂直断面図、反射波形表示)
画像処理 探査時:リアルタイム自動表面波処理、リアルタイムマニュアル減算処理、浅部フィルター、バック処理(平均+自動感度,固定+自動感度,平均,OFF) 
非探査時:固定表面波処理、ユーザー表面波処理、減算処理、マニュアル表面波処理、平均波処理、ピーク処理、原画再生処理、自動感度調整
ディスプレイ スマートフォン、タブレットPCによる
比誘電率設定 2.0~20.00.1ステップ
最大走査速度 約40cm/s速度超過ブザーあり(探査速度及び詳細探査「標準」時)
制御機能 画面マーカ(最大297点 99点×3グループ)、バッテリー容量表示、画面縦横表示、鉄筋自動検出機能、鉄筋検出アシスト機能
データ保存機能 スマートフォン内蔵メモリーカードにデータを出力、メモリー容量2GByte使用時に約150本のデータを保存可能(20mの探査データをバイナリ形式で保存時)
使用温度範囲 0~50°C(スマートフォンを除く)
電源 専用バッテリーパック
連続使用時間 7時間以上(バッテリー満充電時、スマートフォンを除く)
防塵・防滴構造 IP54カテゴリー2 ※1※2 ※3
対応OS Android™4.2以上※4※5
サイズ ハンドル装着時:149±2.5(W)×207±2.5(D)×134.5±2.5(H)mm (車輪を含む)
ハンドル脱着時:149±2.5(W)×207±2.5(D)× 74.5±2.5(H)mm (車輪を含む)
質量 約1kg(バッテリーパックを含む。スマートフォンを除く)

※1:IP5X とは、直径75μm以下の塵埃(じんあい)が入った装置内に本探査機を入れて8時間塵埃をかくはんさせ、取り出したときに探査機の機能を有し、かつ安全に維持することを意味します。
※2:IPX4 とは、孔径0.5mm の穴が121個ある注水ノズルを使用し、約50cmの距離から10リットル/分の水を最低5分間注水する条件で、あらゆる方向からの水の飛まつによっても、探査機としての機能を有することを意味します。
※3:カテゴリー2とは、外気に対して、装置内部が負圧にならない状態で粉塵の侵入を防止する。
※4:Android™ はGoogle Inc. の商標または登録商標です。
※5:端末によってはご使用できない場合も御座います。ご了承ください。

標準構成品

  標準構成品

標準構成品 本体(ハンドル、ハンドストラップ付き)、バッテリーパック、充電器セット(充電台、電源ケーブル付き)、5.2インチスマートフォン (ネックストラップ付き)、microSD(スマートフォン挿入済み)、5.5インチスマートフォン用充電台、スマートフォン用収納袋、スマートフォン用アームバンド、7インチタブレットPC、タブレットPC用オリジナルケース(タッチペン、肩掛けベルト付き)、スマホ/タブレット用モバイルバッテリー、モバイルバッテリー用収納袋、USBケーブル×3、USBタップ、AC/USBマルチタップ、延長操作棒、レポートメーカー200(CD-R/ライセンスキー付)、Android Application Software(CD-R/Ver.1.0.16)、取扱説明書×3、簡易取扱シート、技術資料×3、クイックスタートガイド、保証と安全に関する情報、収納ケース、大型タイヤ×4