超音波試験機 PUNDIT Plus(プロセク)

超音波試験機 PUNDIT Plus

発信電圧切り替え機能(250V・500V・1,200V)

 パンジットプラスは、超音波パルス速度の測定を行う非破壊試験機として、世界中で使用されています。最新の演算機能を備えた新世代の超音波試験機です。

機種名 超 音波試験機
型番 PUNDIT Plus
メーカー名 プロセク

  特長

・発信電圧切り替え機能(250V・500V・1,200V)。
・データ記憶のタイミング設定機能。
・パルス間隔の設定機能(1~100回/秒)。
・表示単位の設定機能(1.0us or 0.1us)。
・4種の測定機能(伝播時間・伝播距離・伝播速度・弾性係数)。
・コントラスト調整機能およびバックライト付きLCD。
・転送ソフト付き(RS-232C出力)。
・充実した外部出力。
画面表示
パンジットプラスでは、電源をONすると左記画面が表示されます。
まず、(1)で発信電圧やパルス間隔、ログモードを設定し、(8)でキャリブレーションします。それから(2)~(5)の測定項目を選択します。


○機能性にたけたコネクターを標準装備
パンジットプラス 標準装備背面
パンジットプラス 標準装備背面

○データ記憶スイッチ
記憶したいタイミングで押すとその時のデータが記憶されます。※表示装置の設定(LOG MODE)が必要です。
データ記憶スイッチ

○データ処理ソフト
パンジットプラスでは、専用のデータ取り込みソフトを使用すると簡単にデータをダウンロードできます。ダウンロードしたデータをExcelで表示および保存ができます。
データ処理ソフト





  用途

・ プレキャスト製品、ヒューム管、鉄道マクラギ、橋脚、ビルの梁・桁・柱等の実施コンクリートの品質検査。
・現場及び工場に於けるコンクリート強度の推定。(シュミットハンマーとの併用をおすすめします)。
・コンクリートの弾数係数の推定。
・クラック深さの推定。内部欠如の探知。
・動ポアソン比の測定。
・コンクリートの凝結、硬化過程の測定。
・火災事故、凍結、化学作用、風化作用などによる実施コンクリートの損傷の程度および経年変化などの測定。
・コンクリートの版厚測定。
・各種テストピースの精密比較試験。
・窯業製品の品質試験。
・岩石の品質試験。
・木材の品質試験。
・タイルの剥離部の探知。

  測定方法

○対面法(直接法)
コンクリートの品質管理にもとも最適な方法で、コンクリートの品質を非常に簡単に測定できます。弾性係数を得るために必要な伝播速度の測定や、内部の欠陥検出、壁の厚み測定に有効です。
対面法(直接法)


○表面法(間接法)
主にコンクリート表面に発生した劣化やクラックの深さ測定などの診断に使用される方法です。凍結融解や火災による劣化、表面のコンクリートの品質管理に有効で、クラックの深さ測定方法に関しては、この表面法を利用して多くの測定方法が提案されています。
表面法(間接法)

○傾斜法
対面法では測定できない状況下において、少しでも新値(対面法で得られる測定値)に近い測定結果を得るために使用されています。
斜面法


  仕様 

測定レンジ モード 速度 伝播時間 弾性係数
レンジ 1~9,999 0.1~9,999 ~999.9
単位 m/s 1、0.1μs GN/m2
精度 ±1m/s ±1μs ±0.1GN/m2
表示部 128×128mmバックライト付き
出力 RS-232C
電源 バッテリー:充電可能NiMHバッテリー
電源:100/240VAC
測定環境 環境温度:0~40℃
寸法 250×160×100mm
重量 8.2kg


  構成品


標準構成品 本体(ナイロンケース付き)、ACアダプターセット(ACアダプター、電源ケーブル本体ケース内収納)、トランスデューサー用ケーブル×2(BNC 3.7mケーブル(本体ケース内収納))、トランスデューサー×2(54kHz発信用、受信用)、超音波用カプラント(専用グリス)、データ処理ソフト、通信ケーブル、取扱説明書(操作マニュアル、転送プログラム操作マニュアル)、収納ケース