超音波試験機 パンジットラボ+ [Pundit lab+](プロセク)

非常にコンパクトな超音波試験機パンジットラボ+
現場、試験室の両方で使いやすいように設計されています

 受信波形を表示できる機能を搭載し、その波形はPCで表示することもできます。
また、伝播時間だけでなく、伝播速度、測定長さ、ひび割れ深さの測定が可能で、測定したデータは最大500個までメモリーできます。

機種名 超音波試験機
型番 パンジットラボ+
メーカー名 プロセク

  特長

  特長


●受信波形のダイレクト表示

受信波形のダイレクト表示

●ひび割れ深さ測定モード(修正BS法)

ひび割れ深さ測定モード

パンジットラボ+には修正BS法のひび割れ深さ推定の計算式がプログラムされております。簡単にひび割れ深さを推定することが可能であり、そのデータを内部メモリに保存することができます。修正BS法は、非常に狭い部分でのクラック測定に有効です。
クラックの測定方法には、他にも修正BS法のもとになっているBS法や Tc-To法もあります。
現場の状況に応じて測定方法を使い分けることをお勧めします。

修正BS法

●Punditlink(パンジットリンク):データダウンロード&受信波形表示

Punditlink:データダウンロード&受信波形表示

超音

 超音波試験機

波試験機

超音波試験機は様々な分野で使用されていることは皆さんもご存じの通りです。超音波の伝達速度がその対象物の物性を評価するのに非常に便利だからです。
中でも、パンジットはコンクリートや木材、セラミックやレンガなどの分野において非常に有効な超音波試験機として長年愛用されてきました。この新商品「ラボ」は、今までのパンジットの機能を更に充実させた画期的な超音波試験機です。目的に応じ各種設定が可能で、使える幅が広がりました。

主な

  主な機能



受信波形の表示機能

伝播時間表示をボタン一つで受信波形画面に切り替えが可能です。

■発信電圧が125V,250V,350V,500Vの4段階で切替可能

様々な状況において使い分けると便利です。ひび割れなどの測定には比較的低い電圧を使用し、測定距離が長くなる場合には高めの電圧を使うと便利です。

■専用ソフトで受信波形をPCに表示可能

本体背面のUSB コネクターから受信波形をPC に取り込めます。

■3タイプ(電池, AC, PC)の電源が利用可能

現場での電源の心配を払拭してくれます。

■GAIN(×1,×10,×100)が選択可能

受信信号を拡大し見やすくできます。

仕様

  仕様

●トランスミッター

測定範囲 0.1 ~ 9,999μs
分解能 0.1μs
ディスプレイ 79×21mm(LED : 256×64pixel)
発信電圧 125V,250V, 350V, 500V, AUTO

●レシーバー

受信ゲイン 1×,10×, 100×, AUTO
受信バンド幅 20KHZ ~ 500KHZ
メモリー 最大500 データ

●電源

DC電源 単三乾電池4 本(20 時間以上)
必要電圧(DC) 3.6V ~ 6.0V
AC電源 ACアダプター使用
PC電源 PCのUSB に接続
外部出力 オシロスコープ用BNC

●外観仕様

サイズ 172×55×220mm
重量 1,316g(バッテリー含む)

●環境条件

使用温度 -10℃~60℃(結露なきこと)
湿度 95%以下

構成品

  構成品

標準構成品

標準構成品 本体(ナイロンケース付き)、ACアダプターセット、トランスデューサー用ケーブル(3.7m)×2、トランスデューサー(54kHz)×2、超音波用カプラント、データ処理ソフト、通信ケーブル、カタログ、取扱説明書(操作マニュアル、転送プログラム操作マニュアル)、収納ケース、カタログ(パンジットプラス総合版)