コンクリート電気抵抗測定器 Resitest-400M(エムケーシーコリア)

コンクリート電気抵抗測定器 Resitest-400M

コンクリートを大きく破壊することなく、コンクリートの表面の電気抵抗率を測定することができます。

 Wenner arrayセンサーを使用し、シンプルしながらも、正確な測定が可能。
また、付属のソフトウェア(RT-400FC / Resist-4040)を使用して等高線図を作成することが出来ます。

機種名 コンクリート電気抵抗測定器
型番 Resitest-400M
メーカー名 エムケーシーコリア


 特長

 特長

表面で検査するので、コンクリートを破壊したり、穴を開ける必要がありません。
(最も確実な検査方法は、コンクリートの表面に2~3 mmの深さの穴を開ける検査です。)

・測定値の信頼性を確認するための基準試験片
・ディスプレイを固定するホールド
・バックライト機能
・約5分間使用しないと自動的に電源が遮断されるのでバッテリーの節約
・5時間充電で5時間以上使用
・Low Battery表示機能
・頑丈なアルミケースと保護用レザーケース
・持ち運びに簡単


○測定例
38mm(1.5")の厚さ測定  

○画面表示
測定時の画面 一時停止中に画面 保存時の画面





 測定原理

頑丈なアルミニウムケースのコンクリートの中にある鉄筋の腐食は、電気化学的な作用であるため、金属イオンがコンクリート内に溶解され、鉄筋が多く腐食されることによって、電流がよく流れるようになります。したがって、コンクリートの表面の電気抵抗率を測定するため、コンクリートの腐食状態を類推することができます。この測定値は、抵抗率で測定されohm単位が使用されます。
コンクリートの抵抗率の値は同じ構造であっても、温度、湿度などの周辺環境に応じて、朝、夕方に異なる場合がありますので、腐食に対する絶対判定値を定めることはできかねますので、腐食の可能性が高い場所を選定して、各ポイントのデータを収集し、分布図を作成し、分析にアクセスすることが好ましく、コンクリートの硬さ測定、電位差式腐食測定のようなその他の方法で検査結果を比較確認するのが良いとされています。

コンクリート電気抵抗測定器 Resitest-400M:測定原理




 ソフトウェアを使用しての等高線図 (例)

ソフトウェアを使用しての等高線図 (例)


 構成品

本体 Wennerセンサー 基準ブロック
水容器 接続ケーブル 挿入スポンジ(内4個予備)
センサーキャップ コンクリート腐食分析報告プログラム(Mapping Software) RT-400FC / Resist-4040 リフトケース
ACアダプターセット(ACアダプター、電源ケーブル) 操作説明書 ソフトウェア操作説明書
通信ケーブル キャリングケース
標準構成品 本体(バッテリー内蔵)、ソフトケース、Wennerセンサー、挿入スポンジ(内4個予備)、センサーキャップ、接続ケーブル、基準ブロック、水容器、ACアダプターセット(ACアダプター、電源ケーブル)、コンクリート腐食分析報告プログラム(Mapping Software)RT-400FC /Resist-4040、通信ケーブル、操作説明書、ソフトウェア操作説明書、キャリングケース