自動ねじれ測定装置(応用計測サービス)

自動ねじれ測定装置

小型、軽量で持ち運びが容易です
測定操作は、タッチパネル方式で操作はいたって簡単です

  孔内傾斜計に用いるケーシングパイプはねじれが発生し、深度が深くなるほどねじれが累積されます。
正確な孔内傾斜を計測するためにはケーシングパイプのねじれを補正する必要があります。
あらかじめデータ収録装置に測定深度、測定間隔等を入力することで設定された深度までケーシングパイプのねじれを自動測定できる装置です。
測定データは、プリンターの他SD カードに自動収録されます。また、測定中にリアルタイムにデータを表示します。

機種名 自動ねじれ測定装置
型番
メーカー名 応用計測サービス

  特長

小型、軽量で持ち運びが容易です。内蔵バッテリーにより外部電源が不要です。
画像・音声は、デジタルカセットに記憶できます。
解析ソフト(Q スコープビューアー)で簡単に ケーシングのねじれ角を数値化できます。
Glog-QT で簡単にねじれ補正ができます。


  仕様

○観測深度
測定範囲 0~50m(水中)

○カメラ(オートフォーカス)
画素数 25万
カメラ外径 φ34mm
ミラー装着時 φ35mm

○光源
高輝度LED 6個採用

○データ記録
記録媒体 デジタルビデオテープ
メモリースティック

  構成品


標準構成品 本体、取扱い説明書