ポータブル型車両重量計 RWP-61A-2(共和電業)

ポータブル型車両重量計 RWP-61A-2(共和電業):車両重量計(トラックスケール):秤・計量器

持ち運びだけでなく,セッティングも容易なポータブル型の積載重量の測定や管理のための車両重量計

 車体全体を載せて重量測定を行う設置型のトラックスケールと異なり、走行測定式でポータブル型のため持ち運びが可能で す。AC電源が得られない場所でも使用可能。内蔵プリンタ、充電池付きで、平坦な場所ならどこででも使用可能です。トラック の重量測定に。

機種名 ポータブル型車両重量計
型番 RWP-61A-2
メーカー名 共和電業

特 長

・押しボタンスイッチによる簡単操作
 難しい設定は不要、電源を入れたら2つのボタンを押すだけ。走行設定モードは、便利な自動測定。

・持ち運びだけでなく、セッティングも容易なポータブル型
 検出部、指示計などは持ち運びが楽。ダミー板がないためセッティングが容易なだけでなく、保管スペースも少なくてすみます。

・短時間で測定できる走行測定モード
 測定精度を重視する場合は、停止測定モード。走行/停止スイッチで選択可能。

・AC電源が得られない現場でも使用可能

・プリンターを標準装備
 測定結果を即座に印字、加えて測定日時、認識番号(マニュアル設定、4桁)も印字できるので、積載量管理にも便利。

・外部制御接点出力付き
 指示計には、外部接点出力が装備されているので、次の車両を待機させるための測定中ランプや重量オーバーブザーの制御用として利用可能(ランプ、ブ ザーについてはお問合せください) 。

・検出部を複数台接続可能
 検出部を最大6台まで接続可能。測定精度や測定方法に応じたシステム構築が可能(3台以上はお問合せください)。

※防水ではありませんので、雨天時の使用は避けてください。


○走行測定モード (3軸車の例)
 車両を一定速度(4km/h以下)で走行させ、検出部上に車輪を1軸目、2軸目と順次通過させると、各軸の通過ごとに軸重量が印刷されます。すべて の軸を通過後総重量が表示されるとともに、印刷されます。
走行測定モード(3軸車の例)


○停止測定モード (3軸車の例)
 1軸目の車輪を検出部中央に載せて停止させ、車両のゆれが収まり次第軸重測定ボタンを押し、測定値を印字させます。同時に2、3軸目の設定を行い、 全ての軸の測定終了後、総重量印字ボタンを押すと総重量が印字されます。
停止測定モード(3軸車の例)



  用途

・トラックの重量測定に。

○2軸車の即定例(平坦な堅牢な路面で測定した場合)
 左右両輪を同時に測定して軸重量を本江、車両総重量を算出します。
精度重視型

※当社では予備のバッテリーは用意しておりません。


  仕様


総 合仕様 RWP-61A
重 量測定範囲 輪 重量:0.5~7.5t(軸重量1~15t)
最大測定軸数9軸(ただし、車両総重量は99.99t以下)
組 み合わせ精度 ± (1%±1digit)以内※1
測 定方式 走 行、停止両用(走行速度は4km/h以下)
印 字内容 測 定年月日・時刻、識別No.、測定モード、各軸重量、車両総重量
最 小目盛 0.01t
車 両重量検出部 RWP-6MA
定 格重量 7.5t
許 容重量 10t
使 用温度範囲 -10~+60℃
寸 法 800×35×480mm(突 起部含まず)
載荷部:700×26×350mm(突起部含まず)
重 量 約23kg
保 護等級 IP54、 JEM1030 (JIS C 0920防まつ形相当)
車 両重量指示計 WP-611A
使 用温度範囲 -10~+40℃、 80%RH以下(結露しないこと)
電 源 AC100V
寸 法 379×295×334mm(突 起部含まず)
重 量 約9.2kg

※1:力基準機を用いて荷重校正を実施した場合の値を示します。


  構成品

標 準構成品 車 両重量表示計、車両重量表示計収納ケース、車両重量検出部、車両重量検出部収納ケース、AC電源コード、ACコンセントアダプター、 予備ヒューズ、接続ケーブル、中継ケーブル、ゴムシート、ロールペーパー、インクリボン、取扱説明書