超音波ドップラ式流量計 SX30(ハイテック/サーモフィッシャーサイエンティフィック(polysonics)

超音波ドップラ式流量計 SX30(ハイテック/サーモフィッシャーサイエンティフィック(polysonics)):流量計:秤・計量器

DFD機能により耐ノイズ性が向上 充電式で電源不要
気泡混入の影響を受けない

 気泡が混入する液体やスラリー等を計測するために誕生した超音波ドップラー式流量計、下水道の汚泥、排水やパルプ液等の 高濃度スラリーを計測可能です。配管の外側にセンサーを取付けるだけで、配管内に流れる流体の流量を計測できます。既設の配管を加工することなく計測が可能です。

機種名 超音波ドップラ式流量計
型番 SX30
メーカー名 ハイテック/サーモフィッシャーサイエンティフィック(polysonics)

 特長

・DFD機能により耐ノイズ性が向上。
・充電式で電源不要。
・気泡混入の影響を受けない。
・小口径から大口径まで1台で測定可能。
・トランスデューサーの取り付けがワンタッチ、しかも内径を入力するだけなので操作性が非常に良い。
・90,000点のデータ保持が可能


 用途

・下水道の汚水、排水などの流量管理
・強酸・強アルカリ液の流量管理
・気泡が混入のある液体の流量管理
・作動油・潤滑油・クーラント液の流量管理
・パルプ液等高濃度スラリー液の流量管理
・ポンプ能力のチェック、既設流量計のバックアップ
・シールド工法等による排泥の流量管理


 設置条件

・センサー取付前後に直管長が必要です。
上流側10×1D・下流側5×1D (1Dは配管内径)

・配管材質は均一な材質であること。
SGP管、ステンレス鋼管、塩ビ管、PP管等の単一材質管が望ましい。
    ライニング管の場合は、ライニング素材が外配管に密着していれば計測できます。

・配管の表面及び内部の腐食やスケーリングは状態によっては計測不可能となる場合がございます。

・ドップラー流量計は反射型です。
よって、純水等の反射物を含まない流体を測定 する場合、配管材質により違いが出る場合があります。

・変換器は直射日光を避け、日蔭の涼しい場所に設置して下さい。

・電源は専用でご用意下さい。
(大きな電力を必要とする機器や、インバーター制御している機器と電源は一緒にしないで下さい)


 測定原理 - 超音波ドップラ式

○測定原理

一定の周波数f0で発信された超音波は液体中の散乱体、または液体自体の乱れの面により反射し、受信側に到達します。この時、ドップラー効果により周波数はf1にシフトします。シフト周波数⊿fはV<<Cとして次式で与えられます。

測定原理


○DFD機能について(Dual Frequency Doppler)

ドップラー原理において2組のセンサーを用いて2つの周波数で超音波を発振し、その反射波を検知します。この時、ノイズはどちらかのセンサーにも同じ周波数帯域で検知されれうので、学習機能によりノイズ波をカットすることができ、より正確な流量の測定が可能となります。
測定原理



 外形寸法図

外形図

外形図


 仕様

○本体仕様
型番 SX30
適応配管口径 φ13~3000mm
流速範囲 0.1~±10m/s
流速精度 ±2.0%F.S.
直線性 ±0.5%F.S.
再現性 ±0.1%F.S.
出力信号 4~20mADC
温度範囲 変換器:-20~60℃
検出器:-40~90℃
作動温度 -20℃~55℃
保管温度 -40℃~70℃
必要直管長 上流側:10D / 下流側:5D
※検出器取り付け位置より
データロガー 90,000ポイント(データファイル数:9ファイル)
キーパッド 19キー(対話式入力)
表示器 バックライト付きLCD 240×60ドット
表示内容 通常運転時:瞬時・積算
設定時:パラメータ入力 / 設定内容の表示
保護規格 変換器:NEMA6 IP67 防塵・防滴
検出器:IP65
ケーブル長 5m
供給電源 AC90~240V50/60Hz 充電式

○口径/流速に対する流星
口径/流速に対する流量





 構成品

標準構成品 本体(ケース一体型)、ACアダプタセット(アダプタ、電源コード)、トランスデューサ、測定ケーブル、スチールバンド、クイッククランプ、CD-ROM、RS-232Cケーブル、シリコングリス、ナットドライバー、取扱説明書、操作手順説明書、出荷検査時内部設定値、付属品収納ケース