風速データロガーシステム OT-901(大田商事)

風速データロガーシステム OT-901(大田商事)

設定値以上の風速で警報。そして保存・印刷が可能な風速計。

 OT-901は、発電機タイプのセンサーに対応したロガーです。瞬間値または、平均値をデジタル表示すると同時に、マイクロコンピューターによりデータの保存、印刷、警報設定ができます。設定値以上になるとLCD表示部のフラッシング、警報ブザーを作動させます。


※ ソフトウェア・ケーブルをおつけする場合は、お見積もり・ご注文時に気象観測データ処理ソフトウェア(RASPC- 579)付きをお選びください。

機種名 風速データロガーシステム
型番 OT-901
メーカー名 大田商事


  特長

・周波数測定を採用し、突然の風にも正確に捕らえます。
・フロート充電方式(AC100V 使用時)で、停電時バックアップや、メンテナンス性を向上。
・瞬間・平均風速のいずれか1要素をLEDにて小数点1位まで表示。
・液晶2桁にて瞬間・平均風速を同時表示。
・平均時間ごとの最大風速/平均風速を印刷。
・警報連動印刷/日界時最大瞬間風速の各機能を装備。
・10分平均で、365日分のデータを保存。任意印刷に対応。


  用途

・ゴルフ練習場、スキー場リフト、ロープウェイ、クレーン作業・高所作業などの安全管理上の測定。


  用途

風速データロガーシステムの構成品



 仕様

○センサー
検出方式 無鉄心式4極交流発電機
測定範囲 0~60m/s(起動風速2.0m/s)
寸法 φ308×354mm
重量 1.0kg

○データロガー
測定範囲 2~60m/s
測定精度 風速10m/s以下:±0.5m/s
風速10m/s以上:±5%
表示更新 瞬間表示:1秒ごと表示
平均表示:6秒ごと表示
表示 LCD16桁 半角英数カナ液晶表示
7セグメント赤色発光ダイオード3桁(00.0)
警報設定 瞬間・平均警報 1次・2次 0.0~99.9m/s ※1
警報接点 無電圧接点2回路 1c1a 内蔵ブザー付き
最大定格AC100V3A/DC12V3A
平均時間設定 1・5・10分間平均
印字 24桁 感熱シリアルロッド方式
記録紙:58(W)mm×15m/1ロール
メモリー機能 リング形式512KB(43,200データ)
10分間平均で約365日保存可能
通信 RS-232Cシリアルインターフェース標準装備
電源 AC100V50/60Hz 10W以下
DC12V 7W以下
寸法 230(W)×160(H)×225(D)mm
重量 3.9kg

※1  数値は2段階で設定可能です。緑ランプは常に点灯しています。
第1警報と第2警報があり、第1警報は設定値以上でオレンジランプ点灯。
第2警報はさらに上の設定値以上で赤ランプ点灯、同時にサイレンが作動します。



  構成品

標準構成品 風速計(OT-901)、三段パトライト、モーターサイレン、リレーユニット、接続ケーブル、風速計記録計、電源ケーブル、フランジ、予備記録紙、取扱説明書