ジューテンダー CIFD-4(曙ブレーキ工業)

ジューテンダー CIFD-4(曙ブレーキ工業)

型枠内などへのコンクリート、グラウトなどの振動締め固め状況と充填状況を検知するシステムを搭載。充填確認とともに振動加速度を測定し、締固めの程度の判定が可能!

新技術情報提供システム「NETIS」に登録(NO.KT-090011-VE)

 本体の液晶画面上で締固め、充填状況をリアルタイムに検知できます。打ち上がり時間および締固め、充填状況を本体およびパソコンに記録することができ、コンクリート打設管理ができます。

機種名 ジューテンダー
型番 CIFD-4
メーカー名 曙ブレーキ工業

  特長

・従来の振動デバイスでコンクリートの充填と締固めの程度の両方を検知。
・検知したい締固めの程度 *注1 はお客様にて設定可能。(設定された振動加速度閾値を設定された時間だけ超えた場合、画面上に表示)
・校正用のセンサーや校正コンクリートが必要なく、一つの振動デバイスで空気、不完全な状態(水)、コンクリートの識別が可能。
・振動デバイスは小型、薄型であるので狭い隙間の充填検知が可能。
・充填状況はリアルタイムで液晶画面の色の違いでわかりやすく表示し、打ち上がり時間などの記録も可能。
・振動デバイスのケーブルは延長(約50m)可能なため高所や離れた場所でも検知可能。
※1 本システムは締固めの際のバイブレータの振動を検知するもので、締固めされたコンクリートの強度を保証するものではありません。また、検知される振動の値は目安であり、バイブレータのかけ忘れ防止などにご利用いただけます。締固め状況の最終確認はお客様ご自身にて、ご確認くださいますようお願いいたします。


○画面表示

振動デバイスに空気、不完全な充填(ブリージング水など)、コンクリートが接触することにより、振動デバイスのピーク出力が変化し、そのデータを本体のマイコン処理によって液晶画面に色分けして表示します。
また、締め固めの際のバイブレータの振動を検知する機能がCIFD-4から実装されました。(液晶画面●部分)


液晶表示イメージ






  用途

・目視が困難な箇所へ打設されたコンクリートの充填および締固め程度の確認
・鉄筋や鋼材が過密に設置された構造物に打設されたコンクリートの充填及び締固め程度の確認
・高流動コンクリートの流動状況確認(充填時間の確認)


  仕様


検知方式 振動デバイスによる周波数特性検出方式
識別能力 空気、水(ブリーヂング水)、コンクリート(モルタル)
各種グラウト:お問い合わせください
締固め振動検知範囲 4.8m/S2~150m/S2
※参考値:振動デバイスへのコンクリートのコンクリートの接触状況により変化します。
測定チャンネル 16ch
表示 LCDモニターによるカラー表示
計測時間 1chあたり約0.5秒
振動デバイスケーブル長さ 標準:5m
専用の振動デバイス延長ケーブル(CVD-01)にて50mまで可能
振動デバイス耐圧 0.3MPa(破壊限界)
日付機能 内蔵時計による 年/月/時/分/秒
記録イベント数 約400イベント
使用温湿度範囲 0~40℃、5~85%(結露なきこと)
保存温湿度範囲 0~40℃、5~85%(結露なきこと)
電源 AC90~110V(内蔵時計はバックアップ電池内蔵)
消費電力 約25VA
外形 280×200×110mm(突起物を除く)
重量 2.8kg

  構成品

標準構成品 本体(CIFD-4)、ターミナルボックス(TCIFD-01)、ターミナル接続ケーブル(CT-01)、電源ケーブル(CPS-01)、パソコン接続ケーブル(CPC-01)、USBシリアルケーブル、USBシリアルドライバ(CD)、データ転送ソフト(CD)、液晶画面保護板、振動デバイス、収納ケース、取扱説明書
販売消耗品 振動デバイス(ケーブル長20m/5m)、延長ケーブル200m