表面塩分計 SNA-3000(サンコウ電子研究所)

表面塩分計 SNA-3000(サンコウ電子研究所)

橋梁、船舶、タンクなどの塗装前の表面塩分濃度を簡単にチェック!

 鋼 構造物は、塗装前に表面を洗浄する必要があります。特に、塩分濃度は腐食防止の上から、塗装前の清浄度の指標の一つとし て非常に重要です。船舶、橋梁、大型タンクなどの鋼構造物の表面に付着している塩分を3種類の方式で簡単に、しかも、ダ イレクトに測定します。(JIS Z 0313に対応)。

機種名 表面塩分計
型番 SNA-3000
メーカー名 サンコウ電子研究所



  特長

・表 面塩分濃度を4種類の方式で直読
  水可溶性塩分濃度表示(PSPC対応)※お見積もり・ご注文時にご選択お願いいたします。
 水可溶性塩分濃度表示(ISO8502-9における換算式採用)
 塩化ナトリウム濃度表示
 電気伝導率表示
・ 簡単測定
  測定セルを測定対象に固定し、測定水(純水)を注入するだけで表面の塩分濃度が測定できます。測定対象の表面を拭き取り、溶液抽出するという 面 倒な操作は不要です。
・ 測定セルは磁力により固定
  ブレッスル法のように粘着剤で表面を汚すことはありません。
 ※測定物は平板の磁性体が対象となります。
・ 本体、測定セルは小型、軽量で持ち運びが容易
  収納ケース、測定キットをご用意いただくと現場での測定が一層容易となります。

方 式

  方 式

測 定対象(銅製)に固定した測定セルに一定量の純水を注入し、表面塩分を溶解させ、その電気伝導率を
測定します。
この測定値から水可溶性塩分濃度、または塩化ナトリウムの濃度に演算して表面塩分濃度を表示します。

用 途

  用 途

  • ・ 橋梁・船舶・鉄塔・プラントなどの塩害防止塗装の可否。

よ くある質問

木 材の表面塩分は測定できますか?

Answer!

で きません。
当社保有の表面塩分計SNA-3000の測定対象は鋼構造物です。
木屑が撹拌子に挟まり、故障してしまう可能性もございますので、木材への使用はご遠慮ください。


仕 様

  仕様

本 体
測 定方式 電 気伝導率法
測 定モード 水 可溶性塩分(ISO 8502-9の換算式)、塩化ナトリウム(NacCl)、電気伝導率
測 定範囲 水 可溶性塩分濃度 0~199.9mg/m2
0~1,999mg/m2(オー トレンジ)
塩 化ナトリウム濃度 0~199.9mg/m2
0~1,999mg/m2(オー トレンジ)
電 気伝導率 0~199.9μS/cm、
0~1.999mS/cm(オートレンジ)
温 度 0~50℃(表 示範囲:0~99.9℃)
温 度補償範囲 ATC(自 動温度補償):0~50℃
基準換算温度:25℃
温 度係数 2.0%℃(固 定)
デー タメモリー 300 データ(測定時刻、測定値、温度)
測 定時間設定 1 分、3分、0分(連続)
セ ル定数 測 定セルより自動読込(手動入力可能)
電 源 単 3形アルカリ乾電池×2
寸 法 約 75(W)×187.5(H)×37.5(D)mm
重 量 約 310g(電池含む)
測 定セル
型 式 ELC-006
極 材質 SUS-316
測 定面積 1250mm2
使 用液量 10mL
撹 拌機能 モー ター直結撹拌子による
撹 拌用電源 9V 形乾電池(6F22)×1
寸 法 φ94×104mm(ケー ブル1m付き)
重 量 約680g

構 成品

  構成品

標 準構成品 本 体(専用ドライバストラップ付)、測定セル、チューブ付注入シリンジ10mL、精製水、電気伝導率チェック用C液、収納ケース、取扱 説明書