微小振動計 G-MEN DR02α(スリック)

微小振動計 G-MEN DR02α(スリック)

本体には3軸(X、Y、Z)の加速度センサーを搭載しリアルタイム(10msec)で記録可能

  G-MEN DR02αは、最大±2Gと±1Gの3軸静的加速度レンジの切り換えが可能で最高サンプリング周期10msecの記録や温湿度センサーによる3軸の加速度と温度、湿度の変化も時間経過と共に記録します。記録されたデータは付属のソフトウェアで表示・印刷が可能です。地震やエレベーターなどの微小振動記録に最適です。建築物の地震対策や免震・耐震の簡易測定。
列車、自動車、航空機、船舶、エレベーターなどの微振動測定

機種名 微小振動計
型番 G-MEN DR02α
メーカー名 ス リック

  特長

・本体には3軸(X、Y、Z)の加速度センサーを搭載しリアルタイム(10msec)で記録可能 。
・加速度センサーのレンジを最大±2Gと±1Gの切り換えが可能。
・本体には温湿度センサーも搭載しているため温度、湿度も記録可能。
・本体は単4形アルカリ乾電池3本で約20日間(16,300データ)記録可能。
・記録データは内蔵のUSBインターフェースから取り出せます。
・記録データは標準添付ソフトウェア「G-TRACE Light」で即座にグラフ表示が可能。
・記録データはCSV形式で保存ができるため表計算ソフトで計測目的に合ったデータ解析が可能。
・記録データはEEPROM記録のため電池寿命が尽きた後でも取り出しが可能。
・記録方式はワンタイム、エンドレス、ハザードエンド、トレースモードの4種類から選択可能。


  用途

・建築物の地震対策や免震・耐震の簡易測定。
・列車、自動車、航空機、船舶、エレベーターなどの微振動測定。


  注意点

G-MENではXYZ3軸方向の測定が可能ですが、それぞれの軸の符号(プラス・マイナス)を見ることで、設置された向きがわかるようになっています。
重力の1Gを感知するので重力方向に-1Gが表示されます。

例えば、床面に対して垂直に、正対する形で機器が設置されている場合はX軸が+1Gになります。
x軸方向にマイナス1Gと出ていればさかさまに設置されているということを意味します。

純粋な測定値を求める場合は、この1Gを除いて考えるようにしてください。




  仕様


○G-MEN DR02α
形式 G-MEN DR02α
測定項目 3軸加速度、温湿度
加速度センサー 静的加速度:±2G(±10%) 静的加速度:±1G(±10%)
応答周波数 0~200Hz
最小サンプリング周期 10msec
測定分解能 0.02G 0.01G
温度範囲 0~+50℃(±1.25℃)
湿度範囲 30~90%(±3%)
記録間隔 1秒・5・10・15・20・30・1分・2・3・4・5・10・15・20・30の15通りから選択
記録容量 16,300データ
動作表示 液晶表示
記録保持 EEPROM
通信方式 USB(miniB)
電源 単4型アルカリ乾電池(RL03)×3本
電池寿命 約20日間(測定環境、電池性能による)
仕様温湿度範囲 0~+50℃70%RH以下(結露しないこと)
寸法 75.5(H)×60.5(W)×33(D)mm
重量 125g(電池を含む)

○専用ソフトウェア(G-TRACE Light)
対応OS Microsoft Windows2000、WindowsXP 日本語版/英語版
チャンネル数 X軸、Y軸、Z軸、温度、湿度
通信機能 設定条件、データ読み取り、開始条件、オンライン測定
データ保存 GTR(専用拡張子)形式、CSV形式
画面表示 条件設定画面、グラフ、データ一覧
グラフの設定 グラフの種類 折線、棒線 印刷線の太さ 2種類
グラフタイトル 任意 表示時間 時刻、経過時間
グラフの線色 2種類 コピー グラフのコピー



  構成品

標準構成品 本体(DR02α/DR10α)(単4電池×3)、カバーケース、USBケーブル(A-miniB)、G-Trace.net(通信ソフト)(CD-R)(Ver1.25.170315
Windows7用)、マグネット、収納ケース、取扱説明書(本体・ソフトウェア・スタートアップガイド・ケース用)