ワイパー式メモリー水温塩分計 INFINITY-CTW(JFEアドバンテック)

ワイパー式メモリー水温塩分計 INFINITY-CTW(JFEアドバンテック)

高性能16ビットMCUで制御され、記録媒体としてminiSDカードを有する内蔵記録方式   容易な取り回し、高速データ転送

 一般的に塩分センサーは、生物付着などの汚れに敏感に影響を受けます。長期の連続観測には、1~2週間ごとのメンテナンスが必要であり、労力を必要としていました。INFINITY-CTWの塩分センサーは、外側の汚れが測定値にまったく影響しない管内式電極センサーを採用し、さらに、管内を測定毎にピストン式ワイパーで自動清掃しますので、2~3ヶ月無保守でも安定したデータが取得できます。

機種名 ワイパー式メモリー水温塩分計
型番 INFINITY-CTW
メーカー名 JFEアドバンテック


  特長

○容易な取り回し、高速データ転送

INFINITYは、高性能16ビットMCUで制御され、記録媒体としてminiSDカードを有する内蔵記録方式計測器です。
COMPACTシリーズではフラッシュメモリーが電子基板上に固定されていたため、観測プログラムの設定やデータの転送作業時に、測器自身をパソコンに直接接続する必要がありました。また、データ通信にはRS-232Cを採用していたため、転送時間が遅いなどユーザー各位から改善要求が多数寄せられていました。
新しいINFINITYは、これらの問題点を全て解決できる仕様となっています。観測設定は、USBを介してパソコンから直接入力するか、計測器から取り出したminiSDカード上にパソコンで設定を入力するかを選択することができます。また、USB、miniSDカードを使用することで、転送速度は格段に向上しました。この結果、現場環境を問わず、迅速、安全且つ容易な取り回しを可能にしました。

●動作確認機能

COMPACTシリーズでは、設定通り正常に計測開始されたかどうかを判断する手段がなく、観測者に少なからず不安感を与えていたと思われます。 INFINITYは、観測開始を音で知らせる 「動作確認機能」を新たに搭載しました。

○カメラ用リチウム電池を採用

INFINITYは従来のコラム型リチウム電池の使用を止め、カメラ用リチウム電池(CR-V3)を採用しました。この電池はカメラショップや家電量販店で容易に入手可能です。モデルによって最大搭載電池数は異なりますが(2本、または、4本)、1本でも動作が可能な設計になっています。観測仕様に合わせて経済的な運用が可能になりました。
カメラ用リチウム電池を採用


○使い勝手の良いソフトウェア

INFINITYの観測制御ソフトウェアは、現場観測者からのご意見を組み込み、使い勝手の良いソフトウェアとして再構築しました。例えば、観測インターバル設定は、0.1秒から6,000秒の範囲で選択が可能となり、より細密な観測計画が立てられるようになりました。



  仕様

○センサー

測定項目 水温 電気伝導度
センサータイプ サーミスタ 管内7電極式
測定範囲 -3~+45℃ 0.5~70mS/cm
分解能 0.001℃ 0.001mS/cm
精度 ±0.01℃
(0~35℃)
±0.01mS/cm
(2~65mS/cm)


○ロガー

メモリータイプ miniSDカード(16MB~2GB)
メモリー容量 標準装備1GB(miniSDカード)
A/D変換 16ビットデジタル変換
測定モード 連続モード、バーストモード
測定インターバル 0.1~600秒
バースト時間 1分~1,440分
サンプル個数 1~18,000個
電源/容量 CR-V3型リチウム電池/3.3Ah(最大4個使用)
通信形態 USB通信(Ver2.0準拠 Ver1.1相当)
消費電流 110mA
ケース材質 チタン2種
寸法 φ70×342mm(センサーガード含む)
重量 空中:1.5kg、水中:0.6kg
耐圧性能 500m水深相当


  構成品

標準構成品 本体、結露防止用窒素ガス缶、予備Oリング、ブラシ、予備ねじ×3、シリコングリス、六角レンチ、プラスドライバー、MiniUSBケーブル(1m)、MiniSDカード(1GB)、通信処理ソフト、データ処理ソフト、収納ケース、取扱説明書×3