日影測定分析器 SunEye 210(Solmetric)
※こちらの製品は、取扱い終了致しました。

日影測定分析器 SunEye 210(Solmetric)

太陽エネルギー実地調査で日影分析可能なソーラー測定器
太陽光発電システム施行前の発電量調査、ソーラーパネル検査の必需品!

魚眼レンズカメラ・電子コンパス・電子傾斜計・GPS搭載

太陽光発電システムを施工する前に、1回の撮影で、月間や年間日照時間を算出できます。搭載されている魚眼レンズで周囲を撮影し実際に影が発生する位置を特定し年間の太陽軌跡から年間の日照時間を求められます。

機種名 日影測定分析器
型番 SunEye 210
メーカー名 Solmetric


  特長

太陽電池を施工する前に年間発電量のシミュレーションができるので、発電や売電の試算を確実に行い、施工判断の決定にお役に立ちます。海外では、補助金申請のための日照量測定器の準器に認定されている、一定量の日射量が得られる事が補助金交付の条件となっている地域があります。

・使い方は簡単
・GPS搭載
・キーとタッチパネルで簡単片手操作 / タッチスクリーン
・早い測定結果出力
・丈夫で使いやすいデザイン
・魚眼レンズ搭載の2メガデジタルカメラ
・魚眼レンズカメラと処理ソフトウェアでオールインワン型
・世界中で2年間保障
・現地の緯度と軽度に基づく太陽軌跡をプロット
・年間、季節ごと、月間、15分ごとの影の影響を判断
・100以上の測定結果を本体に保管可能
・パソコンにデータを転送して(USBケーブル)、パソコンでデータ確認できます。
・付属のソフトウェアで、レポート作成


○お客様もその場で納得
お客様もその場で納得


○測定は簡単
魚眼レンズカメラが画面にでます!
測定は簡単

○結果は一目瞭然
・測定ポイント
 年間の日射割合が、月単位で教示されます。
グラフ
 障害物量が、年単位で表示されます。
グラフ

・全エリア
 年間の日射割合が、月単位で表示されます。
グラフ

 場外物量が、月単位で表示されます。
グラフ




  測定モード


実地調査 現地の日照状況を撮影しながら年間の太陽軌跡をライブ表示
太陽軌跡ビュー 現在の撮影画面に太陽軌跡を重ね書きをし日照割合を表示
範囲条件設定 日照測定時間帯を指定して、日照割合を表示
日照量表示 一年間の日照割合を棒グラフで表示


  仕様

○装置仕様
カメラ部 2メガピクセル 魚眼レンズ
表示部 640×480pixcelsVGA カラー液晶画面(タッチパネル付き)
使用温湿度範囲 ・0~+45℃
・湿度 30~85%RH(結露なきこと)
電源 内蔵バッテリー(連続使用時間6時間)
筐体寸法(mm) W=100mmH=60mm D=220mm
質量 約450g


 認証

EMC 準拠:
FCC 第15 部、カナダ産業省 ICES-003、EN 61326-1、IEC 613326-1:
Bluetooth モデル ID 番号:TX FCC ID:ED9LMX9838, TX IC:1520A-LMX9838


  安全性

UL/CSA 61010-1 に対してTUV Rheinland of N.A. よりNRTL/SCC 認定を取得
EN 61010-1 に対する CE 順守
IEC/EN 61010-1

  付属機器

PVデザイナー

SunEyeの測定データからモジュールの最適配置を算出


・特徴

SunEyeで測定した日影データを基に、モジュールのレイアウトや日影を考慮した発電量の推定ができます。 任意の屋根形状を視覚化し、屋根領域の影の影響を視覚化しモジュールをドラッグアンドドロップで屋根に配置し、さまざまな配置を簡単に試すことができます。
ストリングを定義し、モジュール位置の調整を行い日照時間の最適な位置での陽光発電量がシミュレーションできます。エネルギー生産量推定などの機能が揃っているので、インパクトの強い視覚資料を作成できます 拡張データベースからモジュールとインバータを選択する事で、発電容量に最適化や月間・日間平均・年間エネルギー出力を表示できます。

PVデザイナー


○手順

屋根の測定 → SunEyeに保存 → PVデザイナーで解析 → 最適配置の設計 →エネルギー生産量推定や年間発電量の予測 

屋根の測定 → SunEyeに保存 → PVデザイナーで解析 → 最適配置の設計 → エネルギー生産量推定や年間発電量の予測


・使い方
■SunEyeを持って屋上の9点を測定します。 ■日射量を視覚化して、発電量をシュミレーション ■実際の施行結果

■SunEyeを持って屋上の9点を測定します。 ■日射量を視覚化して、発電量をシュミレーション ■実際の施行結果


・パソコン画面操作方法

1、セッションブラウズから現場を選択そして「PV Designerを実行」をクリック 2、レイアウト面積の設定・モジュール配列作成

PVデザイナー1

PVデザイナー2

3、インバータの機種や台数を選択 4、モジュールの選択を行う

PVデザイナー3

PVデザイナー4

5、測定点情報をドラッグして、その位置に配置します 6、日射量表示をONにすると全体の日射量が色分け表示されます

PVデザイナー5

PVデザイナー6

7、色々な配置や枚数で発電量をシュミレーション比較する 8、インバータの限界チェックやプロパティを確認

PVデザイナー7

PVデザイナー8


SunEye エクステンションキット

延長棒で高所の測定も安全で簡単

・特徴
エクステンションキットを使用すると、地面から最高5.4m上空まで正確に測定する事が可能です。手から離れたSunEyeは、日本語音声で状態を知らせます。

SunEye エクステンションキット





  構成品

SunEye210 本体、ACアダプタ、太陽電池データ管理ソフト、USBケーブル、エクステンションキット(ポール、台座、ネジ×4)、ライセンスシート、取扱説明書(日影測定分析器、シュミレータソフト)、収納ケース
SunEyeエクステンションキット ポール、台座、ネジ×4