超音波探傷器 USM35X JE(JSNDI仕様)(日本ベーカーヒューズ)

超音波探傷器 USM35X JE(JSNDI仕様)(GEセンシング&インスペクション・テクノロジーズ)

USM35X JE は、社団法人日本非破壊検査協会 「JSNDI 仕様デジタル超音波探傷器」の基本操作仕様に対応しています。

 社団法人日本非破壊検査協会「JSNDI デジタル超音波探傷器」の基本操作仕様に対応し、更に機能性を追求した、使いやすい超音波探傷器です。USM35Xをベース※1に、新たにS-DAC機能(距離振幅特性曲線)などを追加し、さらに幅広い検査ニーズに対応できるようになりました。

※1 ソフトウエア、操作方法はUSM35X と異なります。
※ 探触子はついておりません。

機種名 超音波探傷器
型番 USM35X JE
メーカー名 日本ベーカーヒューズ



 特長

・「通常探傷モード」および「演習モード」の切替が可能
・「通常探傷モード」では、日ごろの超音波探傷検査に、「演習モード」では、JSNDI の超音波探傷実技試験の練習用として使用可能
・基本画面を表示する「基本」キーをはじめ、探傷時によく使うゲインステップ変更やゲート設定、DAC 作成の画面に切替可能なダイレクトキーを配置
・メニュー階層を限りなく少なくし、使いやすさを向上
・JIS-DAC 機能、S-DAC 機能(距離振幅特性曲線)搭載
・斜角スキップ点色別表示機能により斜角探傷時設定板厚と屈折角によって画面上に0.5S, 1.0S, 1.5S のスキップごとに区間をカラーで色別表示が可能(通常探傷 モードのみ搭載)
・重量わずか2.2kg(バッテリ含む)
・バッテリ動作時間は14 時間(Li-Ion 標準バッテリ使用時)
・大きく見やすい1/4VGA カラーTFT(116×87mm)を搭載
・エコーの動作を明確にするMA 表示
・作業環境に合わせて画面表示カラーの選択が可能
・VGA 出力により外部モニタやプロジェクタとの接続が可能
・日本語表示

JIS-DAC 機能(JIS Z 3060 準拠)



 画面表示例



  よくある質問

NDI実技試験用探触子セット(5C20N,5C10×10A70)の探触子の名称は何を指しますか?

Answer!

各名称は、下記の通りの意味を指します。
【5C20N】
5:周波数5MHz
C:振動子がジルコチタン以外の圧電磁器
20:寸法が20φ
N:垂直のタイプ

【5C10×10A70】
5:周波数5MHz
C:振動子がジルコチタン以外の圧電磁器
10×10:寸法が10φ
A70:斜角70度のタイプ


 仕様

測定範囲 0〜9,999mm(鋼中) 周波数帯域により異なります
音速 1,000〜15,000m/s
表示ディレイ -10〜1,000mm
プローブディレイ 0〜200μs
探傷モード 一探、二探、透過法
感度 0〜110dB
周波数帯域 0.2〜20MHz
パルス繰返し周波数 4〜1,000Hz(10ステップ)
パルスエネルギー High/Low
ダンピング 50/500Ω
ゲート 独立2ゲート
検波 全波 / 正半波 / 負半波 / RF



 構成品

標準構成品 本体(バッテリー内蔵)、カプラント、ACアダプタセット、RS−232Cクロスケーブル、USBシリアルケーブル、USM35X用データ転送ソフトウェア(CD−R)、USBシリアルケーブルドライバーCD、取扱説明書(本体)、取扱説明書(ソフト)、取扱説明書(Level1用設定手順書)、取扱説明書(Level2用設定手順書)、取扱説明書(調整手順)、収納ケース
※対応OS:WindowsXPまで


 オプション品

試験体・試験片  UTレベル1用  板材(UT1/垂直)
角材(UT1/垂直)
平板溶接部(UT1/斜角)
A2形標準試験片(STB-A2)
 UTレベル2用     板材(UT2/垂直)
T継手溶接部(UT2/斜角)
曲面材溶接部(UT2/斜角)
標準試験片(RB-41)
標準試験片(RB-42)
 UTレベル1、UTレベル2共通 N1形標準試験片(STB-N1)
A1形標準試験片(STB-A1)
その他セット  NDI実技試験用探触子セット 5C20N,5C1010A70(各1、垂直探触子・斜角探触子
ケーブル(LEMO大〜LEMO小)
 超音波探傷器探触子キット 5C20N,5C1010A70 垂直探触子・斜角探触子ケーブル(LEMO大〜LEMO小)
 アンカーボルト測定用探触子 探触子本体、UTケーブルLP-GP(2m)(大レモ-G接栓)