コンクリート鉄筋腐食検査器 HC200(エムケーシーコリア)


コンクリート鉄筋腐食検査器 HC200(エムケーシーコリア):鉄筋腐食診断器:コンクリート構造物診断機
HC200は、ASTM C876に適合した、コンクリート中の鉄筋の腐食状態を見つけ出すことができるコンクリート鉄筋腐食検査器です。

 自然電位法でコンクリートを大きく破壊することなく、鉄筋コンクリート中の鉄筋の腐食状態を見つけ出すことができます。
また、HC200を使用した電位データおよびHC200 contour mapping program CDあるいは市販のSURF等のマッピングソフトを使用して等高線図を作成することができます。
鉄筋コンクリート中の鉄筋腐食を正確にチェックしモニタリングすることが可能です。
 
機種名 コンクリート鉄筋腐食検査器
型番 HC200
メーカー名 エムケーシーコリア



  特長

鉄筋コンクリート構造の建造物などを修理・修復する場合、補強鉄筋の腐食が進行している箇所を正確に見つけ出し、腐食箇所を完全修繕することが必要です。
HC200では、鉄筋コンクリート中の鉄筋腐食を正確にチェックしモニタリングすることが可能です。

測定イメージの例


  測定原理

○HC200は、自然電位法による鉄筋腐食診断器です。

鉄筋の腐食は、コンクリートの材質や構造によって大きく影響を受けます。
理想的な鉄筋は、品質の良い硬化コンクリートでカバーされ、周囲のコンクリート材料の中のアルカリ成分により保護されています。逆に、このアルカリ成分による保護は、塩化物の炭酸飽和作用によって侵食されることがあります。
アルカリ成分による保護が弱くなると、酸素と湿気にさらされ、鉄筋は腐食しやすくなります。従って、この腐食の初期の発見はとても重要になってきます。

コンクリート鉄筋腐食検査器 HC200:測定原理

  用途

・コンクリート中の鉄筋の腐食度合いの測定


  仕様 


Half-Cell200本体 硫酸銅電極CSE インサートスポンジ
延長ケーブル キャリングパウチ 粉末硫酸銅
解析ソフトCD 操作マニュアル キャリングケース

型式 HC200
測定原理 自然電位法
測定方法 Half-Cell手法 硫酸塩銅電極
Half-Cell Potential Method
Copper Sulphate Electrode
表示・機能 31/2 digit LCD
ホールド機能、バッテリー消耗表示
自動電源オフ (5分後)
使用環境温度 0~50℃
使用電源 1.5Vアルカリ電池2個
サイズ・重量 115×63×33mm
約330g (電池含む)
測定範囲 -2,000mV - +2,000mV
入力インピーダンス分解能 100MΩ
1mV
使用環境湿度 85%RH以下(結露なきこと)
連続駆動時間 約100時間



  構成品


標準構成品 本体(単3電池×2)、キャリングパウチ(本体カバー)、硫酸銅電極CSE、硫酸銅電極CSE用キャップ、インサートスポンジ、インサートスポンジ用ビン、延長ケーブル、粉末硫酸銅、マッピングソフトウェアHalf-cell2020、本体操作マニュアル、ソフトウェア操作マニュアル、キャリングケース